Project Unknown's Blog

Peojct.Unknownと言う名前で細々とアプリ開発をやってるメンバーのブログです。

UnityでParseを使ってみる

ゆう@あんのうんです。 多忙すぎて、まったく記事が掛けなかった。。。


職場でサーバサイドの面倒を見ていて、散々な目にあった為、プライベートのアプリでは絶対にサーバ周りはいじらない!!って決めていて、サーバ周りの情報を集めていなかったのですが、、

標題の通り、ParseってBasS(mBaaS)に出会って、非常に感動し、勢いでがちゃがちゃいじったのでその備忘録です。

一番最後に宣伝をしてます、内容自体は、「Codeから取得する。」で完結しておりますので、不愉快な方がいらっしゃいましたら、最後は読み飛ばしてくださいmm

ここでやること

  • Parseにユーザ登録をする
  • お知らせの情報をParseに登録する
  • Unity上でParseの設定を行う
  • Unity上からParseで登録したお知らせ情報を取得する。

Parseへ登録する

とりあえず

https://www.parse.com/

上記サイトから登録を行います。

Parseにお知らせ情報を登録する。

OtherApplicationsというクラスを登録します。

03.png

③のAdd Class時に追加したいクラス(イメージは新規テーブル)を登録。 (画面は、既にクラスを登録したものです。)

④で新規Colum追加を行います。 ⑤のようなダイアログが出るので、追加したいColumを登録します。

ここでは、以下を登録しました。

  • applciationName
    • アプリケーション名
  • applicationDescription
    • アプリの説明
  • appStoreURL
    • AppStoreのURL

ParseのUnity SDKを取得する

次にUnityへの設定を行います。

https://www.parse.com/docs/downloads

上記から、Unity用のSDKを取得します。

または、Asset storeにもあるので、そちらか入手してもOKです。 (Unity4.6.3等、1つ前のバージョンの場合は、Asset Storeで入手した方が良いです。)

Unity上でBehavior登録

適当に空のオブジェクトを配置して、Add ComponentでParseを登録します。 01.png

ここに、Application IDと.Net Key(Dotnet Key)を登録します。 Application IDと、.Net Keyは、ParseのWebコンソール上から取得します。 (↓を参照)

02.png

Codeから取得する。

なんでも良いManagerクラスを登録追加して、以下のコードを埋め込みます。 単純にデータをParseから取得して、Logに出力するコードです。

public void Load(){
        ParseQuery<ParseObject> query = new ParseQuery<ParseObject>("OtherApplications");
        query.FindAsync().ContinueWith(task =>
            {
                    IEnumerable<ParseObject> results = task.Result;

                    foreach(ParseObject parseObject in results) {
                        string applicationTitle = parseObject.Get<string>("applicationTitle");
                        string applicationDescription = parseObject.Get<string>("applicationDescription");
                        string applicationAppStoreURL = parseObject.Get<string>("appStoreURL");
                        Debug.Log(applicationTitle);
                        Debug.Log(applicationDescription);
                        Debug.Log(applicationAppStoreURL);
                    }
            });
    }

これで無事ログに出力する事が出来ました。

04.png

最後に

Parseを利用することで、バックエンドの構築などを行わなくても簡単にサーバを利用したシステムの構築を行うことが出来ます。

これは、今までバックエンドに掛けていた時間を最小限に抑えて、アプリの開発に集中できるので、非常に強力な武器となりそうです。


最後にスクショで名前が出ているAppはこちらで紹介していますので、お時間のあるときに是非是非!