Project Unknown's Blog

Peojct.Unknownと言う名前で細々とアプリ開発をやってるメンバーのブログです。

Blender操作方法 For Mac

はじめに

ゆう@あんのうんです。

今回の記事は画像が大量に使われていますので、ご注意ください。

今開発しようとしているゲームがゲーム性を考えると、3Dを扱いたいと思い、Blenderを勉強し始めました。 Blenderを2, 3年ぶりに触ってみたら完全に忘れてしまっており、操作方法を色々調べながらやっていてもWin環境がメインで引っかかったので、Mac用の操作でのメモを記します。 (以前触ったのも2週間くらいのペーペーですが…)

ここでの操作は、Mac + Magic Mouseでの操作を記しています。 所々出て来る画像は、以下の参考書で操作しながらメモったので、この参考書を元に作成中のモデリングが登場しています。

テンキーを模倣

Macbook proユーザとしてはこれがないと話にならない。 f:id:project-unknown:20170506000824p:plainf:id:project-unknown:20170506001120p:plain

ウィンドウ

プロパティウィンドウの出し方

f:id:project-unknown:20170506001036p:plain f:id:project-unknown:20170506001104p:plain

編集モード時の、各種選択モード

オブジェクトを選択されている3Dオブジェクトカーソルに持っていきたい時

オブジェクトメニュー > トランスフォーム > 原点から3Dカーソルへ移動

視点操作

画面回転

f:id:project-unknown:20170506001145p:plain

回転は、選択されたオブジェクトを中心に画面を回転するので、オブジェクトを選択してから回転させる。

  • 左右回転:ホイル部分を左右にスワイプ
  • 上下回転:ホイル部分を上下にスワイプ

ズーム

f:id:project-unknown:20170506001226p:plain

controlを押しながら、上下左右にスワイプで拡大/縮小

視点移動

f:id:project-unknown:20170506001240p:plain shiftを押しながら、ホイル部分を上下左右にスワイプ

視点を瞬時に移動

以下のキーを押すことで、画面を瞬時に切り替えることが出来ます。

f:id:project-unknown:20170506001306p:plain f:id:project-unknown:20170506001314p:plain f:id:project-unknown:20170506001324p:plain f:id:project-unknown:20170506001333p:plain f:id:project-unknown:20170506001340p:plain f:id:project-unknown:20170506001349p:plain f:id:project-unknown:20170506001359p:plain

4分割画面

f:id:project-unknown:20170506001449p:plain f:id:project-unknown:20170506001500p:plain

上図の四分割表示をクリックするか、「control」+「option」+「Q」で分割画面

オブジェクト操作

オブジェクトの選択解除

「A」キーを押す

移動

f:id:project-unknown:20170506001533p:plain

上図の用にマニュピレータから移動を選択して、矢印で操作するか 「G」キーを押すとその場で移動が出来る

拡大・縮小

f:id:project-unknown:20170506001548p:plain

上図のようにマニュピレータから拡大縮小をするか、 「S」キーを押すとその場で拡大縮小が出来る。

複製

f:id:project-unknown:20170506001605p:plain オブジェクトを選択して、shift + 「D」を押す。

範囲選択

control を押しながら、クリック

親子関係を作る。

f:id:project-unknown:20170506001635p:plain

shiftを押しながら、一番子供になるオブジェクト(階層的に一番下になるオブジェクト)から準備クリックで選択していき、最後に親を選択する。 次に、上図にあるように、オブジェクト > 親 > オブジェクトをクリック。 すると、「ペアレント対象」と出る(下図)

f:id:project-unknown:20170506001652p:plain

ここで今回はオブジェクトを選択。

削除

オブジェクトの削除 : オブジェクトを選択して、「X」キー f:id:project-unknown:20170506001712p:plain

f:id:project-unknown:20170506001721p:plain

削除ボタンを押せば消える。

オブジェクトの結合

オブジェクトを複数選択した状態で、オブジェクトメニュー > 結合

頂点の結合

複数の頂点を選択して、 メッシュ > 頂点 > 結合 もしくは「option」+「M」キー

f:id:project-unknown:20170506001745p:plain

頂点や辺を削除

普通に削除してしまうと、穴が空いたりするので、削除 > 溶解を使う

f:id:project-unknown:20170506001800p:plain

アニメーション

アニメーションウィンドウ

f:id:project-unknown:20170506001815p:plain

キーフレームの挿入

オブジェクトを動かして、「I」キー

f:id:project-unknown:20170506001832p:plain

レンダリング

F12(だが、Macの場合他のキーバインドを割り振っている場合、F12が効かないので、その場合は以下から選択)

f:id:project-unknown:20170506001849p:plain

レンダー > 画像をレンダリングレンダリングモード 戻したい場合は、「esc」キーを押す。

編集

ループカット

f:id:project-unknown:20170506001922p:plain

編集モード時に、ツール > ループカットとスライド > この後にオブジェクト上で、ホイルを動かすとカットする数が増える。数が決まったらクリック

カットする際の場所を選ぶコツ

f:id:project-unknown:20170506002009p:plain

曲線の曲率(曲がり具合)が変化する所でカットすると、後々やりやすくなる。

ナイフ

f:id:project-unknown:20170506002023p:plain

ナイフを選択して、新たに作りたい辺の始点をクリック、そのまま終点までマウスを持っていき、ダブルクリック

隠面処理

通常だと、頂点などが重なっている時は、一番前面しか選択することが出来ないが、隠面処理をオンにしておくと、後ろに隠れている頂点も一緒に操作できる。

f:id:project-unknown:20170506002041p:plain

短形選択

下図は、頂点の短形選択。 「B」キーを押して、ドラッグアンドドロップで選択したい範囲を選択する。

f:id:project-unknown:20170506002105p:plain

短形で選んだ箇所を削除する。 上述の通り「B」で選択した後に、「X」キーを押すと、何を削除するか尋ねられる。 ここでは頂点を選んだ。

f:id:project-unknown:20170506002117p:plain

開いている空間に面を増やす。 3つの頂点があれば出来る。 面を付けたいところの頂点を選択して、 「F」キーを押すか、メッシュ > 面 > 辺/面作成

f:id:project-unknown:20170506002131p:plain f:id:project-unknown:20170506002141p:plain f:id:project-unknown:20170506002149p:plain

面が追加された。

面を押し出す

下図の用に、メッシュツールの追加の押出 > 領域を選択するか「E」キーを押す。 次に押し出したい方向にマウスを移動させてクリックで確定。

f:id:project-unknown:20170506002205p:plain f:id:project-unknown:20170506002213p:plain

モディファイア

モディファイアは、オブジェクトに対して、何かしらの加工を行うもの。 手でやるには面倒過ぎる加工を簡単にできるような機能を提供している。

「ミラー」モディファイアの選択方法

f:id:project-unknown:20170506002241p:plain

以下の用に左右対称になるように複製される

f:id:project-unknown:20170506002257p:plain

ミラーオプションで、どの軸でミラーリングするか、頂点同士を結合するかを選択できる。 また、下図の用に適用を押すと、メッシュ化し、移行は左右対称ではなく独立した操作を行うことが出来る。

f:id:project-unknown:20170506002307p:plain

スクリュー

オブジェクトの原点座標を中心に連続的に回転しながらモデリングしてくれるもの。

f:id:project-unknown:20170506002323p:plain

以下のようにstep数を増やせばよりなめらかな線となる。

f:id:project-unknown:20170506002343p:plain

厚み付け

薄っぺらいモデリングに厚みを増やしてくれるもの

f:id:project-unknown:20170506002406p:plain

上記をやると以下の用に厚みがつく

f:id:project-unknown:20170506002425p:plain

ベベル化

カーブの線自体を変形させたいときはベベル化を行う。 線を以下のようにしたい時、

f:id:project-unknown:20170506002440p:plain

線自体を選択して、カーブ > ベベルオブジェクトで上記オブジェクトを選択すると、出来る。

f:id:project-unknown:20170506002457p:plain

↓な感じで適用される。

f:id:project-unknown:20170506002504p:plain

カーブで作ったものをメッシュ化したい

オブエジェクトメニュー > 変換 > カーブ/メタ/サーフェス/テキストからメッシュ を選択

f:id:project-unknown:20170506002519p:plain

ボーン(アーマチュア)

ボーンの挿入

f:id:project-unknown:20170506002539p:plain

メッシュとボーンの関連付け

f:id:project-unknown:20170506002555p:plain

上記の状態にして、オブジェクト > 親 > 自動のウェイトで選択

f:id:project-unknown:20170506002611p:plain f:id:project-unknown:20170506002619p:plain

マテリアル

マテリアルを追加する

f:id:project-unknown:20170506002637p:plain

テクスチャ

テクスチャを追加する。

f:id:project-unknown:20170506002654p:plain


とりあえずここまで、マテリアル以降が息切れ感が半端ない… 私含め、他の同様で迷っている方のお役に立てればと思います。